転職を考えるならアメリカは良いかもしれません

転職を考えるならアメリカは良いかもしれません。というのはここは移民を受け入れたりと比較的海外の人に対して受け入れ態勢が整っているという事があるからです。とはいってもそれで日本人が優先されたり、優遇されたりする事は無く、どこの国の人も等しく競争して勝たなければならないという事はあります。

 
ですから、この国で勝つことが出来れば、日本に帰って来ても勝つことが出来ると考えて良いでしょう。その実績や信用、技術や知識は大いに役立つと考えられます。今の世界を牛耳っている検索エンジン会社もアメリカ企業ですが、なんと社長はインド人というような事にもなっているようで、それだけ世界各地の優秀な人をこの国は受け入れているという事があるという事がこのことからも分かります。

 

もっとも今のアメリカの大統領はその受け入れ態勢自体があまりにも緩すぎたということで、引き締めを考えているという事がありますが、それでも自由度の高さという点では世界でもトップレベルという事にはなるでしょう。自分の実力をつけるという意味ではこれほど適したところはないかもしれません。

 
これから日本も徐々にではあるでしょうが、ビジネスはアメリカ的になると考えて良いでしょう。これはネットが普及した事によって、もう情報戦で有利に戦うという事は出来なくなったと考えられます。優れた技術や知識はすぐに公開されて真似られるというような事にもなっていますし、すぐに研究されてその対策も立てることが出来る時代となりました。これだけ情報公開が進んでしまうと、なかなか抜きんでるという事が難しくなってしまう。

 

ですから、常に自分の力を伸ばしていくという事を考えなければならず、そうした意味でもアメリカ修業という感覚で転職をするという事は大いに意味のある事になると考えられます。一つのところで同じ仕事をしていたのでは決して得ることが出来ないものをえることが出来るようになると言えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です